身元保証と医療同意

意識や判断能力のない方の医療行為の方向性の決定や同意について、医師はご家族にご意向を求めるのが一般的とされてきました。実際のところ、ご本人の意思を聞き取ることが困難な場合、本人以外の第三者による医療行為の同意については、法律上明確な定めがありませんので、家族が請け負うことが多いのではないでしょうか。
しかしながら、誰もが身近にご家族がいるという訳ではないのが現実です。実際、身元保証人を依頼される方の多くは、家族が身近にいらっしゃらない方々です。

そこで私共、いきいきライフ協会®奈良の身元保証人は、ご契約者であるお客様の終末期等に立ち会わせていただいております。ただし、身元保証人は残念ながら家族ではありません。あくまで第三者の立場となるため、医療行為の同意について、勝手な判断を行うことは出来ないのです。

そのためいきいきライフ協会®奈良では、身元保証のご契約の前に医療行為について本人のご希望をお伺いし、「医療・介護に関する、いざという時の意思表示宣言」を公正証書にて作成させていただいております。そしていざという時は、いきいきライフ協会®奈良の身元保証人が事前に作成させて頂いたご本人の意思、意向に沿って医療行為を行って頂けるよう、医師にしっかりと伝達させていただきます。

 

意思表示宣言書の内容について

身元保証のご契約をご検討されていらっしゃる方には事前に「いざというときの意思表示 チェック表」をご確認いただき、ご本人の意向を細かくお伺いさせていただいたうえで、「医療・介護に関する、いざという時の意思表示宣言」の作成をさせて頂いております。

 

 

チェック表では主に延命治療についてお伺いしております。呼吸状態が悪化した場合に気管内挿管を望むか、食事がとれなくなった際の胃ろうについて等、医療現場で判断が必要となるケースを想定し、細かい内容までご意向を確認致します。延命治療は個人によりご希望が大きく異なる傾向にあり、いきいきライフ協会®奈良としてはご本人の尊厳を最大限お守りするためにも、身元保証の契約前に公正証書として準備させていただくことをご理解頂ければと思います。

 

尊厳死協会の会員証と身元保証

ご自身に万が一のことが起こった場合に、延命措置を望まない旨の意思表示をするため日本尊厳死協会の会員となる方がいらっしゃいます。協会が発行する「会員証」を所持しておくことで、意思表示のできないご本人に代わり、終末期医療の方針を明示します。

近くにご家族がいらっしゃる方にとってこの会員証は非常に有効な物と言えますが、先ほど申し上げた通り、身元保証を希望される方々は、家族に頼ることが難しい方々がほとんどでいらっしゃいます。また、「会員証」には具体的な治療方法のご意向については示されていないため、医師は身元保証人に医療措置についての判断や同意を求めることになります。

したがって、いきいきライフ協会®奈良ではご契約前に必ず「医療・介護に関する、いざという時の意思表示宣言」を作成させて頂いているのです。

 

いきいきライフ協会®奈良では身元保証の仕組みについて奈良の皆様に分かりやすくご説明できるよう、無料相談会を随時実施しております。奈良にお住いの皆様に限らず、奈良にお勤めの方、奈良の介護施設の方などもどうぞお気軽にご相談ください。身元保証についての初歩的なことでも遠慮なくお問い合わせ頂ければと思います。身元保証含め、介護等にも精通した専門家が奈良の皆様のお悩みを丁寧にお伺いし、今後の方向性をお話しさせていただきます。奈良の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

身元保証・身元引受人について

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア