身元保証人とは?

「身元保証人」とはその言葉通り、身元を保証してくれる人のことをいいます。高齢者の方が介護施設に入居したい場合や、病院に入院する場合に本人のサイン以外に「身元保証人」が必要となります。

ただ、近年の高齢化社会では身寄りのない高齢者の方やご家族と疎遠になっていて頼れない方などが増えてきています。身元保証人を引きうける人は名前を書けば終わりというわけではなく、それ以外の場面で多くの責任や役割を求められることになるため、ご家族がいたとしても「家族には依頼できない」「迷惑をかけたくない」と考える方もいらっしゃいます。

こういった問題を抱えた方々をサポートしたく、当協会を立ち上げました。地域の各事業者と連携をしながら身元保証をお手伝いしています。高齢者の方の日常生活においていろいろな場面で「身元保証人」が必要になります。

 

身元保証人と後見人の違い

こちらのページをご覧の皆さまのなかには「後見人制度と変わらなのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、後見人(任意後見人)と身元保証人では行える内容に違いがあります。

まず、後見人制度とは認知症などでご本人の判断能力がなくなってしまった場合のみ、代わりに契約事などの判断をするために適用される制度です。ご本人の判断能力が健全な場合は後見人は効力を持ちません。

また、後見人は依頼者本人の財産をどう使うのか判断する権限を持っています。そのため、ご本人の財産を管理している「身元保証人」使い道の権限を持つ「後見人」に同じ人が就任してしまうと、高齢者の方々の大切な財産を自由に使えるようになってしまいます。このような状態を「利益相反」といい、避けなければならない事態です。ですから、身近に頼れる人がいない場合に、後見人となる方がいらっしゃたとしても、その方とは別の誰かに身元保証人を依頼することになります。

また、後見人は以前まで死後事務(死亡届など死後必要になる様々な事務作業)を行う権限を持っていませんでした。ですから、亡くなった方のご遺体の引き取りや葬儀、供養、医療費の精算、施設の片づけなどは身元保証人が引き受けるケースが多くなっています。

結果として、高齢者の方、高齢者施設や病院から必ず必要になるのが身元保証人ということになります。当協会では身元保証相談士協会の認定をうけた身元保証相談士が依頼者様の身元保証人としてご支援をしております。

 

奈良にお住まいで身元保証に関してお悩みをお持ちの方は、いきいきライフ協会®奈良までお気軽にご相談ください。身寄りがいないからといって、ひとりで悩む時代ではありません。ぜひ奈良の地域事情にも詳しく、身元保証のプロであるいきいきライフ協会®奈良にお問い合わせください。奈良の皆様のお役に立てるよう、親身になってお話をお伺いします。奈良の皆様からのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

お問い合わせ

0742-94-9687

Contents Menu

事務所所在地

奈良オフィス

〒630-8115
奈良市大宮町六丁目
1番地の1
新大宮駅前ビル4階

奈良中南和オフィス

〒629-0026
奈良県香芝市五位堂
3-602-1
エフエムビル105号室

アクセス情報はこちら
  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア