葬儀・供養について

こちらでは葬儀・供養における身元保証人の仕事についてご説明いたします。

身元保証人はご自身がお亡くなりになった後、生前に締結した死後事務委任契約に沿って葬儀・供養など死後の事務手続きをご本人の代理として行います。実際にどのような仕事を代行するかにつきましては、以下をご参照ください。

 

身元保証人が代行するご逝去から葬儀・納骨までの流れ

ご逝去から葬儀・納骨までの流れはご自身の状況や家族構成などにより多少異なりますが、今回は一般的な葬儀をもとにご紹介します。

1)病院より心肺停止の連絡

2)病院にて医師とともに死亡を確認、ご遺体の引き取り

3)死亡診断書の手配および葬儀社や関係者への連絡

死亡診断書に関しては、病院で亡くなった場合は担当医師、ご自宅や施設等で亡くなった場合はかかりつけ医師が作成します。亡くなった理由によっては検視が必要になることもあります。

4)ご遺体を霊安室に移動

5)葬儀社の到着にともない、ご遺体の搬送

6)市区町村へ死亡届の提出、火葬許可証を受領

死亡診断書(もしくは死体検案書)は、亡くなってから7日以内にご本人の本籍地、死亡地、届出人の所在地等の市区町村へ提出します。その際にご遺体を火葬するための火葬(埋葬)許可申請書も併せて提出し、火葬(埋葬)許可証を受け取ります。なお、身元保証人はこれまで死亡届の提出は行えませんでしたが、法改正により任意後見契約を締結した任意後見受任者も行えるようになりました。

7)火葬の日程調整およびご遺族へ葬儀の確認

火葬許可証を受領しましたら、死後事務委任契約書において指定された葬儀社と火葬場の空き状況や参列者の予定をもとに日程調整を行います。葬儀の内容についてはご遺族に確認してもらい、何らかの意向がある場合には変更など柔軟に対応します。

8)火葬・収骨の立会い

火葬は30分刻みとなるため、あらかじめご遺族にはお別れの時間はほぼ取れないことをお伝えします。その際に葬儀を行う意向についての確認も行います。

9)納骨

納骨は忌中明けとなる「四十九日法要」に合わせて行うケースが多くみられます。身寄りのない方については身元保証会社が死後事務委任契約に沿って納骨しますが、こちらの場合は葬儀から12週間後に行うことが多いようです。

このように身元保証人はご自身が亡くなられた後、さまざま死後事務手続きを代行いたします。葬儀や供養のことで周りに迷惑をかけたくないとお考えの方も元気なうちに身元保証人を立てておけば、安心した老後を迎えることができるといえるでしょう。

 

ほかにも身元保証人は以下のようなサポートを行います。

  • 介護施設等で使用されていた部屋の片づけ(業者の手配や見積・トラック積載の立会い等)
  • 各種行政手続き(年金の停止手続き、後期高齢者被保険者証の返還等)
  • 各種サービスの解約手続き
  • 最終月における医療費の精算
  • 高額医療費などの還付請求 他

今の時代、「身寄りがいない」とおひとりで悩む必要はありません。身元保証についてお困りごとや心配ごとがある奈良の皆様におかれましては、法律の専門家が在籍するいきいきライフ協会®奈良までお気軽にご相談ください。いきいきライフ協会®奈良では奈良の皆様のお気持ちに寄り添って、身元保証から死後事務手続きまで総合的にサポートいたします。

葬送支援サポートについて

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

お問い合わせ

0742-94-9687

Contents Menu

事務所所在地

奈良オフィス

〒630-8115
奈良市大宮町六丁目
1番地の1
新大宮駅前ビル4階

奈良中南和オフィス

〒629-0026
奈良県香芝市五位堂
3-602-1
エフエムビル105号室

アクセス情報はこちら
  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア