相続手続き

身元保証に関連する相続手続きについて説明をしますので確認をしていきましょう。

老い支度に関係する相続手続き

  • ①相続人調査
  • ②相続財産調査
  • ③財産目録の作成
  • ④相続方法の決定
  • ⑤遺産分割協議書の作成
  • ⑥相続財産に名義変更
  • ⑦相続税申告

この7つが関係する項目であると言えます。

特に老い支度と関係が深いものとして、①と②、そして⑦についても生前対策の点からみて必要になります。

①の相続人調査は、法定相続人を確定する事です。身元保証と関連する確認事項になります。相続人へと事前に第三者が身元保証人となる事を通知しなければなりません。

②の相続財産調査は、葬儀費の確保など各事業者へと未収とならない為に相続財産を確保しておく必要があるため、身元保証契約の際に事前に財産についてを明確にしておく必要があります。

⑦身元保証をしている方がお亡くなりになった場合、残った財産は相続人へと引き継がれます。財産の額によって相続税の納税が必要となる場合もあります。このような状況に備えるため、相続人への負担が多くと判断される場合には、納税資金の対策を事前にご提案させて頂く場合があります。

相続手続きについて

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア