遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成について確認していきましょう。

相続手続きに関して、遺産分割協議書の必要性は名義変更の際に出てまいります。必ず必要となるものではありませんが、不動産や預金の名義変更、また相続税申告がある場合にも必須となる資料です。また、相続人同士での遺産分割が合意に至った事を証明する資料でもありますので慎重に作成をしましょう。

 

遺産分割協議書に規定の書式等はありませんが、記載する内容にはいくつか決まりがありますので注意しましょう。最も重要であるのが相続人全員の署名と実印の押印です。相続人全員の署名押印がある事で、全員が合意して作成した事が証明されます。

 

遺産分割協議書の作成についての注意点

  • 相続開始の理由の記載(被相続人の氏名、本籍地、死亡日)
  • 相続人全員の署名と実印での押印が必要。
  • 誰が、どれを、どのくらい、相続するのかを明確に記載する。
  • もしも、遺産分割協議後に別の財産が見つかった場合の処理方法についても予め決めておくとよいでしょう。遺産分割協議書に記載から漏れていた情報があった場合にも、再度遺産分割協議書を作成しなおす必要がなくなります。
  • 不動産の記載は登記簿謄本のとおり記載する。
  • 預貯金については、銀行名支店名、口座番号についても記載する。
  • 住所・氏名は住民票、印鑑登録証明書と同じ内容で記載する
  • 印鑑は必ず実印を使用し、有効期限内の印鑑登録証明書を添付。
  • 遺産分割協議書が複数ページにわたる場合には割印が必要です。
  • 完成した遺産分割協議書は、相続人の人数分用意し全てに署名押印をする。金融機関へと提出の場合は、その分も作成しましょう。
  • 相続人に未成年がいる場合は、特別代理人が遺産分割協議に参加する。もしくは未成年者が成年に達してから遺産分割協議をする。
  • 相続時に相続人である胎児がいる場合、産まれてから遺産分割協議をする。
  • 遺産分割協議書の成立年月日を記載する。
  • 郵送での署名押印のやり取りの場合は、最後の相続人が押印した日を遺産分割協議書の作成日とする。

基本的な注意点としては上記のとおりになります。その他、気になる点がございましたらお気軽に無料相談をご利用下さい。

相続手続きについて

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア