相続税申告

相続税申告について確認をしましょう。

相続税は相続した人が必ず支払うわけではありません。一定の控除がありますので、基礎控除をオーバーした相続財産が課税対象となります。

  • 相続税の基礎控除=3000蔓延+法定相続人数×600万円

ex ) 被相続人:父 相続人:母、子2人

・3000万円+3人×600万円=4800万円

基礎控除は4,800万円となりますので、相続財産4,800万円までは相続税は課税されません。

また、相続税には申告期限がございます。相続の開始があった事知った日(通常は死亡日)の翌日から10ヶ月以内に税務署へと申告、納税をする必要があります。申告先の税務署は、被相続人の最後の住所地を管轄する税務署になります。

 

2015年の税法改正により、以前は富裕層に多く課税されていた相続税が一軒家を所有している一般家庭でも対象となる可能性がたかくなりました。生前からできる相続税対策もございますので、ご心配な方は無料相談へとお越し下さい。パートナー税理士と協力いたしまして、ご対応いたします。

相続手続きについて

身元保証・身元引受人のことなら「いきいきライフ協会」にご相談ください!

  • トップページに戻る
  • 事務所案内
  • 無料相談のご案内
  • アクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

045-620-660

  • 初回の無料相談会
  • 資料請求
  • 関東エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア